ウィッグ選びに悩んだら

ウィッグのカラー選びのポイント
カラー選びに失敗しないためのポイントをまとめてみました。
よくある質問
ウィッグについてよくある質問のまとめ
通販サイト比較一覧
取扱商品、送料、即日発送、色交換、色見本、支払い方法など一覧にまとめまhした。

キャバクラ嬢はウィッグで盛りヘア

ウィッグはキャバクラやクラブなど夜のお仕事で働く人にとって大活躍してくれるアイテムなんです。

普段通りのヘアスタイルでは華やかさに欠けるし、昼間は会社などでOLをしている方はなかなか髪の毛を明るく染めることもできませんよね。また、出勤前に毎回美容院に行くのは金銭的にも時間的にも大変です。美容院でのセットはアイロンやコテを使って巻いたり逆毛を立てたりするので、出勤のたびにしていたらかなり髪の毛も痛んでしまいます。

そんなとき、ウィッグがあれば自分で華やかなヘアスタイルが作れちゃいます。ひとつのウィッグでいろいろアレンジもできるし、コツさえ覚えてしまえばとっても簡単!美容院でのセット代がかなり節約できますね。

実際、キャバクラ嬢でウィッグを使ってる子、すごく多いんです。

ウィッグには、ショートヘアからロングヘアへと大胆なイメージチェンジも可能なフルウィッグ、地毛の前髪を生かせるハーフウィッグ、そして初心者の方でも簡単に着けられるパーツウィッグと、大きく分けて3種類のタイプがあります。

盛りウィッグ

こちらのヘアスタイルは、一見すごく凝ってそうだけど、ポイントウィッグとヘアアクセサリーひとつで出来るんですよ。地毛を一つにまとめて小さなお団子を作った後、キャップウィッグをかぶせてアクセサリーを付けただけ。ドレスに負けない盛り髪が簡単に出来ちゃいます。まるで美容院でセットしてもらったような華やかな雰囲気ですよね。

ウィッグは耐熱性なので、アイロンやコテで自分なりにアレンジすることも可能ですよ。

ウィッグ製法の違い 機械植え、総手植えって何?

一般的にウィッグは「機械植え」「総手植え」の2種類の方法で作られています。

「機械植えウィッグ」と「総手植えウィッグ」の違いは?

機械植えとは?

機械植えは髪を並べてミシンで帯を作り、それを1本ずつ繋げて作る方法で、総手植えは細かいメッシュの土台に手作業で髪を1本づつ植え付けていく方法です。

機械植えで作ったウィッグは、毛の量が多く、ベースの部分がしっかりしています。

価格も手植えに比べ安価で、いろいろなヘアスタイルのものが揃っているので、用途や好みに合わせて好きなカラーやスタイルを選ぶことができます。

総手植えウィッグとは?

一方、総手植えは柔らかく機械植えのウィッグと比較すると軽量なうえ、通気性も良いものが多いので、医療用としても使われることが多いようです。

普段使い用のおとなしめのスタイルやカラーが多いので、学校や仕事など日常生活で使うのに適しています。

機械植えウィッグと総手植えウィッグのどちらがおすすめ?

オシャレ用として使用するのには機械植えで十分かと思います。

値段も安めなので手軽に購入できますし、選択肢も豊富です。

薬などの影響で毛が抜けてしまった方の場合は、長時間による着用で頭皮がかぶれたり炎症を起こす可能性があるため、通気性の良い総手植えで作られたウィッグのほうがよいでしょう。

また、総手植えのウィッグは機械植えに比べて重量が軽いので、長時間着用していても頭痛や肩こりを起こしにくいようです。

また、総手植えは既製品以外にも完全オーダーメードもあります。

ただ、オーダーメードの場合は製作にかかる日数や技術によって値段が変わってくるので、結構高額になるかと思われます。

医療用としての用途ではなくても、「長時間着用したい」「学校にかぶっていきたい」など日常的に使いたい場合には、総手植えタイプの既製品を購入するといいかもしれませんね。

ウィッグ、スタイリング・アレンジは可能?

「普通の髪の毛と同じように、ウィッグも市販のスタイリング剤を使えますか?」という質問を受けますが、答えは「もちろん大丈夫です!」。

ウィッグはそのまま使ってもいいですが、いろいろスタイリングをしてアレンジすることでオシャレ度もアップしますし、より自然に見えるようになります。

そのままだとどうしてもペタッとなってしまいがちな「つむじ」をワックスなどでフワッとさせたり、フルバングの前髪をヘアスプレーで横流しにしてみたり・・・

使用するスタイリング剤については、ウィッグを長持ちさせるためにも、手に入るようでしたらウィッグ専用のワックスやヘアスプレーを使うことをオススメします。ただ、なかなか専用のものを手に入れるのは大変だと思うので、市販の物を使用しても問題ありませんよ。

ただ、ウィッグにスタイリング剤を使ったら気をつけなければいけないことがひとつあります。

それは、使ったら必ずその日のうちにしっかり洗い流すことです。「1日くらい大丈夫だろう」と洗い流さずにそのままにしておくと、毛が絡まって元に戻らなくなる可能性もあるので気をつけてくださいね。

ワックスを洗い流す際には、ウィッグをぬるま湯につけてしばらく置いておいてください。ワックスの油性成分が溶け出してキレイになります。

その後、ウィッグ専用のシャンプーで洗ってください。(市販のシャンプーでも代用可能です)タオル等で軽く叩くようにして水分を取り、風通しのよい日陰で自然乾燥させます。ウィッグが完全に乾いたら、静電気防止のためのエッセンスなどを付けてブラッシングします。

お気に入りのウィッグを長持ちさせるためにも、日頃のケアをしっかりしましょう。

自然なおすすめ前髪ウィッグ

切ったら伸ばしたくなるし、伸ばしてると切りたくなるのが前髪。ほんと、不思議ですよね〜

でも、前髪はほんの少し切ったくらいでも大きく印象が変わるくらい大切。ウィッグなら、地毛を切らずにラウンドバングやツートーンカラーなども気軽に試せちゃいます。それに、湿度の高い夏はせっかくのスタイリングもあっという間に崩れてしまいますが、ウィッグならスタイリングが崩れてぐちゃぐちゃボサボサになってしまう心配もありません。

前髪ウィッグはハーフウィッグやポイントウィッグとの相性も抜群。一緒に付けると可愛いですよ。

小顔効果バッチリのサイド付き前髪ウィッグ

重め前髪も簡単に実現できちゃうサイド付きの前髪は小顔効果バッチリですよ。。ハーフウィッグや他のポイントウィッグとも相性抜群。ひとつは持っておきたい魔法の前髪ウィッグです。

女子力アップ間違い無しの横流し前髪ウィッグ

サイドの髪の毛もついてるので自然な横流し前髪を作れちゃいます。クリップでとめるだけなので装着はとっても簡単。大人スタイルにおすすめ。

アレンジもできちゃうトップカバー前髪ウィッグ

前髪を伸ばしかけの人におすすめな前髪ウィッグ。地毛とうまく混ぜ合わせることで、より自然なスタイルに。その秘密は、前髪ウィッグなのにフルウィッグのような人工スキン。生え際まで見せれちゃうのでより自然になるんですね。編み込やロールアップなどいろいろなアレンジが出来ますよ。

信頼できるおすすめウィッグショップ

ウィッグ初心者の人から、「どの通販ショップで買えばいいのか分からない。信頼できるショップを教えて」とよく聞かれます。

確かに、ネットで調べるとウィッグ専門通販ショップは山ほどあるので、どこで買えばいいのか分かりませんよね。

中には、激安だけど質の悪いウィッグを売っているようなショップもあるので注意が必要ですよ。

値段が安いという理由だけでショップを選ぶのは失敗の元です。

安くても質の良いウィッグを販売しているショップもたくさんあります。

ウィッグ愛用者にも初心者にも大人気の、信頼できるショップを以下にランキング形式で紹介しますので予算や欲しいウィッグのスタイルに合わせて選んでくださいね。

 

 アンジェリーク


楽天市場ランキングウィッグ・つけ毛部門で1位を取った通販ショップです。品揃えが豊富で、フルウィッグには人工頭皮を使用しているのでつむじもすごく自然なのも人気の秘密です。ウィッグ全品送料無料です。

フルウィッグ(ショート) 2,160円(税込)〜
フルウィッグ(ミディアム) 2,500円(税込)〜
フルウィッグ(ロング) 2,000円(税込)〜
ハーフウィッグ 4,082円(税込)〜
ポイントウィッグ 1,026円(税込)〜

 

 アクアドール


雑誌にも紹介されていて女子に大人気のアクアドール。安いのに高品質なウィッグが豊富。アクアドールのウィッグはすごく自然なのでリピーターも多いお店ですよ。

フルウィッグ(ボブ) 2,743円(税込)〜
フルウィッグ(ミディアム) 3,980円(税込)〜
フルウィッグ(ロング) 4,600円(税込)〜
ハーフウィッグ 3,980円(税込)〜
ポイントウィッグ 170円(税込)〜

 

 リネアストリア


医療用ウィッグとしても使えるほどクオリティの高い「天使のシリーズ」で話題の通販ショップです。とにかく、可愛くて自然なウィッグが豊富。カラーサンプルが1円で購入できるうえ、色交換サービスもあるので、色選びが不安という初心者さんにも安心です。エクステは170円からと激安なのも嬉しいですよね。

フルウィッグ(ボブ) 2,743円(税込)〜
フルウィッグ(ミディアム) 3,480円(税込)〜
フルウィッグ(ロング) 2,980円(税込)〜
ポイントウィッグ 980円(税込)〜